フロアタイルは水洗い可能?

フロアタイルは水洗い可能? フロアタイルは汚れが付きにくい加工がされていて、普段は掃除機で吸ったり、雑巾などで拭けば簡単に汚れが落ちます。
それでも長期間使っていると汚れが蓄積されて来るので、汚れが目立ってきたら水洗いできます。
フロアタイルの水洗いの方法は、汚れが目立っている箇所のタイルを床からはずして、お風呂場や洗面所のボールなどで水か中性洗剤を薄めた水をスポンジで含ませて擦ったり、ブラシなどで洗います。
この時にあまり強く擦るとパイル地が痛むので、優しく汚れが落ちるまで繰り返し擦ります。
フロアタイルの汚れが落ちたら、洗剤や汚れが残らないように流水でしっかりすすぎます。
この時表面だけでなく裏面の滑り止めが付いた箇所もしっかりすすがないと、床に貼った時に滑りやすくなります。
すすいだ後に、絞らずに乾いたタオルなどで水分を拭き取った後に、風通しのいい場所で完全に乾かします。
この時に十分に乾かさないとカビなどが発生する恐れがあります。
完全に乾いたフロアタイルをはずした床に貼り戻して水洗いが終了です。

大理石のフロアタイルに張替えリフォームするメリット

大理石のフロアタイルに張替えリフォームするメリット 塩ビ素材のシートに様々な柄がプリントされ、本物さながらの質感が楽しめることで人気を集めているフロアタイル。
オーソドックスなフローリング柄の他にも、大理石の柄のフロアタイルも販売されています。
フロアタイルの人気の秘訣が「カッターで簡単にカットでき、専用の接着剤で貼り付けるだけの簡単施工でありながら、高い耐久性を誇る点です。
特にシート表面がUVコートで加工されているタイプのものは傷や汚れに強く、室内だけでなく玄関などにも使用できるのが特徴です。
玄関の床を張り替えようとすると工事が大変で、普通はなかなか出来ないものですが、フロアタイルを使用すれば簡単にリフォームをすることが出来ます。
大理石の柄の物を使えば高級感溢れる空間に早変わりし、来客がまず第一に訪れる玄関先の印象をよくすることが出来ます。
傷や汚れにも強いので人の出入りが多いお宅や事務所などでも安心して使える上、掃除も簡単になるなど多くのメリットがあります。