当サイトではフロアタイルの選び方のコツから、水洗いできるのか、屋外に施工は可能なのか……までを幅広く紹介しています。
皆さんはインテリア関連の商品を購入する際に、何を参考にされていますか。
選択肢はカタログ、店頭、ショールームなど、いろいろな方法がありますが、近年、多くの人が利用しているのが、デジタルカタログです。
聞いたことはあるけど、よく知らないという方の為に説明すると、WEB上で自由に操作しながら見ることができるカタログのことです。
パソコンはもちろん、タブレット、スマートフォンでも操作OK。
ここでは、デジタルカタログでフロアタイルを選ぶ方法について一緒にみていきましょう。

デジタルカタログでフロアタイルを選ぼう!

デジタルカタログでフロアタイルを選ぼう! フロアタイルの種類には、高級感を演出するアキスミンスタータイプや、特殊技術でリサイクルされたもの、どこでも馴染む落ち着いた木目柄調など、魅力ある商品が販売されています。
そこで、いざ購入しようと思ったときに、便利なのがデジタルカタログです。
わざわざ外出する必要もなく、自宅にいながらパソコンを操作するだけで、いろいろなフロアタイルを比較できるのが魅力のひとつ。
気になる商品があれば、ズームアップしてみたり、そのまま購入することができたりするサイトもあります。
普通にカタログをめくって見るように気になる商品をチェックできるのです。
もちろん画像のダウンロードもOK。
こんな便利なアイテム、利用しない手はありません!フロアタイルの購入を考えている人は、ぜひ1度、デジタルカタログを利用してみてはいかがでしょうか。

無垢材のフロアタイルに張替えリフォームするメリット

無垢材のフロアタイルに張替えリフォームするメリット 住宅の床をフロアマットにしている場合、10年以上使用し続けると、それなりに痛んできます。
20年以上使用すると、歩くだけでギシギシと音を立てるところも出てくるかもしれません。
そんな時には、フロアタイルの交換をする必要があるでしょう。
フロアタイルにもいくつか種類がありますが、大きく分けて2種類あると考えておきましょう。
1つは合板です。
木材を人工的に組み合わせて加工したものになります。
値段は安いですが、その分質感が人工的になります。
質感を重視するのであれば、無垢材のフロアタイルを利用すると良いでしょう。
無垢材の特徴は、合板に比べても質感が柔らかいことです。
加工してあるわけではありませんので、樹木のやさしさがそのまま伝わってくるでしょう。
また、子供などが寝転がったときにも肌触りが良いため安心です。
科学的に加工されていませんので、シックハウス症候群とは無縁の存在です。
子供が喘息の住宅や、アレルギーを持っている人がいる家族には最適と言えるでしょう。
実際に無垢材のフロアタイルを使うと、合板の4倍から5倍位の金額になることもあります。
自然の素材と言っても様々な料金設定になっていますので、いくつかの業者と比較することも重要です。

フロアタイルの関連情報サイト

メンテナンスが簡単フロアタイルのご案内です。

フロアタイルを買う